読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリームカムトゥルーを待ちながら

あかにしくんとアニメとキスマイとか雑多に。

木漏れ日の赤が騒ぐ

2015春アニメが続々と折り返し地点を迎えている中、予想以上に「終わりのセラフ」が良アニメで苦しい。
そんな中美人のお姉さんにセラフ見てよ!と懇願したら「よくわからんからまとめ作れよ」と言われたので歯ぎしりしながらセラフの萌えポイントを必死でまとめました。
みんなバレーも刀もいいけどこっちも見てくれよな…!


■TVアニメ版「終わりのセラフ」とは?(アニメ公式HPより)
ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。生き残ったのは子供だけ。
そして、その子供たちは地の底より現れた、吸血鬼たちに支配された。
百夜優一郎は、家族同然の絆を持つ百夜ミカエラら孤児たちと、吸血鬼に血を捧げることで生きていた。
家畜同然の扱いに耐えかねた優一郎は、ミカエラや幼い孤児たちと共に、
外の世界へと脱出を図るが……。
時は4年後。百夜優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。
恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

■OP&EDのクオリティの高さ
ストーリー云々語る前に、とりあえずOPとEDを見てくれと言いたいくらいに丁寧に作りこまれているセラフ。
私はOPとEDを繰り返し見て行くうちに気付いたらハマってたタイプ。

1.終わりのセラフED / Ending 「scaPEGoat」


ほぼ静止画だけれど、ミカエラを中心に描かれていてる中
吸血鬼軍、帝鬼軍それぞれの登場人物にかかる影の描写がとにかく素晴らしい。優一郎(幼少期)に襲いかかる影、ミカエラ(成長後)の後ろ姿のアップ。
その後、サビに入った瞬間一斉に影が晴れてるところや、幼い優一郎とミカエラが手を取って笑いながら駆けて行くシーンはどこかあたたかくて手を伸ばしそうになる。かと思えば、ラストの屋上から身を投げるミカエラが一気に視聴者を突き放すんですよね。
すべては幻想。戻れない過去に身を投じようとするかのようなミカエラに美しさすら覚える。

2.終わりのセラフ OP (歌詞付き)【Seraph of the End】

EDが静+吸血鬼軍(ミカエラ)だとしたら、OPは動+帝鬼軍(優一郎)。サビの帝鬼軍の戦闘シーンはよく動くのでもちろん好きだけれど、それ以外のクルルのバレエやミカエラ+ミカエラ(蘇生後)の絵もなかなか。
で、何よりOPは歌詞(和訳)。対極にいる二人(ミカエラと優一郎)が互いに互いを救おうとしていると思いながら読んでるとたまらない。

I don't want nobody to get killed
I'll come and get you,I am always ready to fight
(僕は誰も死なせたくない、君を迎えに行くよ。戦う準備はできている。)

I'll be there hold on,but it change somehow.
So, where are you now?
(ここで、なんとか持ちこたえようとするけれど、でもどうすれば変わるんだ。君は今そこにいるの?)

で、この↓和訳が色々と味わってきた子達に歌わせたくてうずうずする。絶対無二の神像として崇められた人が絶望に面して、結局自分達は何物にもなれないんだと気付かされたあとにこれを歌ってほしい。そして全力で抱きしめたい。

They're falling in just to run,let them know.
When it's the pain that makes us so human after all.
(ただ進もうとしているだけなのに崩落していく。その痛みが、僕らは所詮人間なんだと気づかせる。)


■新しくはないがハマるべくして作られた設定
「吸血鬼vs人間」「死に別れた(生き分かれた)家族」など、設定自体は決して新しくないのだけれど、前述したように作り方がとても丁寧なんですよね。一話は漫画(原作)よりも尺の長い幼少期時代のストーリーを入れて、ミカエラと優一郎が互いに執着するきっかけとなった出来事をきちんと視聴者に伝えている。
その他、吸血鬼(始祖)の血を飲んで吸血鬼になってしまうところも、ウイルスで人類が滅亡の危機に瀕するところも、人間同士の確執も、「あるあるww」なくせに手を抜かずにしっかり描かれている。だからこそあらすじを読んで上から目線で見ていた視聴者までもグイッと惹きこませるのではないかなと。

設定から少しズレはしますが、1話見たときに「映画みたいだな…!」という感想を抱くくらいにはスタッフの気合が感じられる。


■結局
黒軍服×刀×白軍服×吸血鬼×過多な家族コンプレックス×高校生×荒廃した世界×鬼との契約 

それ以上はもう設定過多だからァ!><死ぬからァ!><とこちらの叫びを余所にどんどん追加されるダーク的厨二要素に気付いたらハマってたオチ。厨二好きは軽率に見てそして転がり落ちてほしい。

結局、ちょっと頭足りてないくせに復讐だけを生きがいにしているような猪突猛進タイプの子(DT) と、変に歪んで家族を救おうと躍起になっている美少年がすごく可愛いという話です。\家族コンプレックス万歳/
この二人のこれから先どんどんすれ違ってしまいそうな家族愛も勝手に妄想だけしてハラハラしている。

今からでも追いつける話数なので是非是非見てほしいです。









私の中でミカエラは美少年のくせに腹筋割れてるイメージなので、後生だから脱いでいただきたい(懇願)